• Renata

自宅でできるエステサロン級のクレンジングとフェイシャルトリートメント

女性の肌は、あらゆる年代で、またいつの季節でもいろいろなトラブルと戦っています。たるみやにきび、毛穴のつまり、日焼け、傷あとなど。しかしながら、あなたが何歳であっても、急いでエステサロンに駆け込む必要はないのです。あなたの肌に健康的な輝きをあたえるのことは、毎日の自宅でのお手入れで充分可能なのです。 この顔のお手入れは、血液の循環を改善し、肌の深層部からの不純物を取り除きます。 今、あらためて、自分自身に聞いてみてください。 私は、自分の顔を本当にちゃんとお手入れしているだろうか?


おそらく、多くの女性がエステサロンに定期的に通ってフェイシャルトリートメントを受けていると思います。しかし、それはかなりの費用になってしまいます。特に日本では、本当に高いですね。なので、私は、サロンに行くより家でリラックスしながら自分でやる方がずっといいと思います。ほとんど費用もかからずに、しかも、同じ効果が得られるのですから。 ただひとつ自分でできないことは、フェイシャルマッサージです。もちろん家で自分でマッサージすることも可能ですが、やはりマッサージだけは、他の人にやってもらったほうがずっといいです。しかしながら、マッサージ以外なら、全部自分で家でできちゃうわけです。 ご紹介したいのは、私の母が長年やっているフェイシャルトリートメントです。誰の家にもある材料でできてしまうホームメイドフェイシャルレシピです。やわらかなシルキースキンで冬を乗り越えましょう!

自宅でできるフェイシャルトリートメントのやり方

ステップ1:洗顔 ミルク 肌の深部から不純物を取り除く、優れた洗浄剤となります。 生乳に綿棒をつけて、顔をキレイにします。綿棒で円を描きながら肌の汚れをとりながらマッサージします。 ナチュラルオイル オイルクレンじんぐの基本的な考え方は、オイルで顔の汚れをおとしながら皮脂とのバランスを計るということです。オイルは、普通のソープや洗剤よりも肌に栄養を与え、保湿します。ヨーロッパで最も人気のあるクレンジングオイルはオリーブオイルです。 手のひらに少量のオイルをとり、顔全体をマッサージします。マッサージの後は数分間そのままにし、その後、ホットタオルを顔におきます。数秒間タオルを置いたあと、オイルを拭き取ります。私の友人の中には、オリーブオイルの香りが好きではないという人がいますが、そういう場合は、他のオイルでも良いのです。ココナッツオイルやヘーゼルナッツオイル、グレープオイルなどです。

ステップ2:スクラブ 効果的なスクラブ剤もフェイシャルトリートメントには不可欠です。細かなちりめんジワや乾燥肌を洗い落とすのにナチュラル成分のスクラブを試してみてはいかがでしょうか。 次の3つをペースト状になるまでよく混ぜます。

・コーヒー豆パウダー小さじ3 ・牛乳 小さじ1 ・はちみつ 小さじ1 (私の母はこの3種類を使っていますが、私は少量のブランシュガーを足しています。ブラウンシュガーが顔の上で溶けていく感じが好きなのです。) このペーストを顔に塗りやさしくマッサージします。上向きにマッサージしながら、古い細胞を落とします。洗い落としたときには、リフレッシュされ輝く素肌になっています。このホームメイドスクラブは、半乾きの状態になってから洗い落とすようにしてください。 また、いろいろな季節のフルーツジュースを足してもよいです。例えば、冬には、素肌に輝きを取り戻しエネルギーを即座にチャージするオレンジがおすすめです。また、はちみつは肌を鎮静させ、ミルクは水分補給してくれます。


ステップ3:肌を整える

スクラブは肌の毛穴を開きますので、肌が赤みや毛穴などトラブルが起きやすい状態にしてしまします。従って、スクラブを落としたあとは、化粧水を塗ることをおすすめします。

ハンドメイド化粧水のつくり方をご紹介します。

コップ2杯の水にミントに葉を数枚入れて沸かします。そしてお湯の量が半分くらいになったら火を止めます。冷えたら綿棒でスクラブあとの肌にこのハンドメイド化粧水を塗ります。余ったものは、ボトルに入れて冷蔵庫で保存しても良いです。ミントの成分が肌を殺菌し少しぴりぴりする感じがします。

もう一つの素晴らしいハンドメイド化粧水は緑茶です。私は日本に住んでいるので本当上質のお茶を買えるのが嬉しいです。緑茶1杯にラベンダーオイルを1,2滴たらし冷蔵庫で冷やすだけで、自宅でできる化粧水になるのです。簡単ですよね!このように自分で作れば、防腐剤や添加物はゼロです。

ステップ4:パック

シンプルで簡単な自宅でできるフェイスパックをご紹介します。


・熟したバナナ

・マヨネーズ小さじ1

・はちみつ小さじ1

・レモン汁数滴

この材料を混ぜて顔に塗り10~12分ほどおいてから洗い流します。するとなめらかでソフトな肌になれます。マヨネーズを顔に塗るのにどうしても抵抗がある方は(私の母がそうなのですが)卵白と小さじ1のオイル(オリーブオイル、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツオイルなど)をマヨネーズのかわりにいれてください。

私の場合は、マヨネーズを使います。効果は同じで時間も節約できるので。(マヨネーズはオイルと卵白からできていますので。このパックはシワ対策にもすごく効果あるんですよ。エイジングサインの撃退に一番効果があるパックなんです。)

ステップ5:保湿

最後に、お好みの保湿剤をつけてください。これで完了です。お疲れ様です!!

私の友達からの興味深い質問があります。

いつ顔を洗うのがよいのか?

顔の洗いすぎは乾燥肌のもとになってしまいます。ほとんどの人には洗顔は一日一回でよいです。朝、顔をぬるま湯ですすぎます。柔らかいタオルで押し当てるように水分をとります。ごしごしこすってはいけません。夜には、クレンジング剤やソープで一日の汚れやメイクを落とします。

もしもエクササイズやスポーツをした日は、または体育の授業があった日は、マイルドな洗剤で洗っても良いですね。汗は毛穴のつまりのもととなりにきびを悪化させてしまいます。

#クレンジング #フェイシャルトリートメント #自宅

1回の閲覧

©2023 by Gling Urban Bikes. Proudly created with Wix.com

0

MY CART