• Renata

精油で風邪・インフルエンザ対策、冬をのりきる5の秘密

今年の冬、風邪やインフルエンザにやられないようにするにはどうしたらよいでしょうか

あなたにお知らせしたい大切な事があります。それは、精油こそが、現代における最も強力な抗菌剤ということです。 精油は、様々な感染症対策でとても効果的です。ですから、私は、風邪やインフルエンザが流行する季節には、すべての家庭で精油が使われるべきだと思っています。 免疫力アップや抗菌作用のある精油を用意して、家中で使ってみることです。それには、5つの具体的な方法がありますので、お教えしますね。ウィルスがあなたを襲う前にウィルスをやっつけましょう!


風邪とインフルエンザの季節をのりきるための精油のいろいろな使い方を詳しい説明の前に、まずは、風邪対策の役割をはたす精油の三つのカテゴリーについて知っておきましょう。 これらの精油は、抗菌作用があることで知られています。 ラベンダー、ユーカリ、ティートゥリー、レモン、レモングラス、シナモン、クローブバッド、グレープフルーツ、サンダルウッド、ペパーミント、セージ

免疫力アップの精油 これらの精油は体の免疫機能を刺激します。 カユプテ、ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー、サンダルウッド、ティートゥリー

浄化の精油 これらの精油は、体からバクテリアや毒素を排出する助け病気からの回復を早める働きをします。 サイプレス、ジンジャー、グレープフルーツ、レモン、ローズマリー

精油の世界は無限に広がっています。ここでは、とくに冬の間に風邪対策のためにできるいくつかの方法をお知らせしたいと思います。大事なのは、病気になるまで待たないこと。予防こそが全ての鍵なのです!!!

1。抗菌&予防スプレーをつくる

このスプレーのボトルを家に、仕事場に、ポケットの中に(私は電車にのるときにポケットに入れています)常備して吸い込むことで、病気が広がるのを防ぎましょう。 クローブオイル 20滴 レモンオイル 20滴 シナモンオイル10滴 ユーカリオイル 8滴 ローズマリーオイル 8滴

これらの全ての精油を混ぜて、冷暗所におきます。スプレーのボトルに100mlの水をいれこの精油のブレンドを数滴おとします。そして、好きな時に使ってください。もし、強めの香りが好きならば、10滴いれることをおすすめします。あまり強くない香りがよければ、5滴だけいれてください。 また、このブレンドは、アロマディフューザーにいれて、空気の清浄にも使えます。また、おふろに数滴いれて香りを楽しみのもオススメです。

2。精油で呼吸を楽にする

鼻づまりを治すために、私は毎年冬にこのカンタンな精油ブレンドを作ります。 ローズマリーオイル 20滴 ペパーミントオイル 20滴 ユーカリ 20滴 精油ブレンドを2,3滴布に垂らします。鼻の下に布をあて吸い込みます。 ボトルから直接、香りを嗅ぐこともできます。またアロマディフューザーに入れて使用してもよいです。 夜、寝る前に、呼吸を楽にするために、キャリアオイル(グレープシードオイルやオリーブオイルなど)にこの精油ブレンドを足して、胸をマッサージするのも効果的です。

3。精油で咳対策

寝るときに出る咳を抑えるために、枕の下に、サイプレス、ペパーミント、ユーカリオイルの精油を垂らします。

4。蒸気の吸入が気管の浄化にきく

タイム、ラベンダー、レモングラス、グレープフルーツなどのお好みの精油を洗面器の湯気のたっているお湯に数滴入れます。

目を閉じて、頭にタオルをかぶせて顔を洗面器に近づけます。そして蒸気をにがさぬよう洗面器の両サイドをタオルで覆います。気管をきれいにするために、オイル入りのお湯からでる湯気を数分間、吸入します。あなたの好きな精油を使えば、それだけリラックできます。

5。精油で癒しのバスタイムを

もし風邪やインフルエンザで、身体の痛みや風邪症状を発症している場合、海塩入りのお湯にラベンダーオイルを10滴いれたお風呂に使ってみてください。上級者の方は、極上癒しのお風呂に、ラベンダー、マジョラム、パチョリ、マンダリン、ゼラニウム、カモミールの精油ブレンドをおすすめします。

いかがでしょうか。ぜひ精油のナチュラルパワーで風邪やインフルエンザを寄せ付けず、この寒い冬をのりきってくださいね!

©2023 by Gling Urban Bikes. Proudly created with Wix.com

0

MY CART