• Renata

ヨーロッパ流キッチンにあるモノでできる美容アイデア10選

キッチンにあるものでできる美容ガイド

私はアロマセラピーの勉強を始める前から、野菜やフルーツなどの食べ物を使ったいろいろな美容方法を知っていました。なぜなら、祖母や母がヘアケアやボディケアに食べ物や飲み物を使っていたからです。 私が覚えている限り、家族の中でよく使われた美容フードは、きゅうり、アロエ、桃、いちご、ビール、はちみつ、ヨーグルトなどです。 そう、たくさんあるんですよね。 そして、大人になってからもっと様々な種類の野菜やフルーツを試しました。そして、自分の身体にあう野菜やフルーツの使い方がわかるようになったのです。 なので、自分がいかに野菜やフルーツをつかってボディケアしているか周囲の人たちに伝えるのが好きなんですよね。

では、私が大好きなキッチンにある美容につかえる食べ物10個をお伝えしますね。

1, ココナッツオイル

ココナッツオイルは100通りくらいの使い方があります。甲状腺の働きを助けたり、傷ついた皮膚の回復を助けたり。そして、体内の循環をよくするのにとてもよいエネルギー源となるのです。 ですから、ココナツオイルは口に入れるだけでなく、美容ケアにもとりいれることをおすすめします。

使い方

ココナッツオイルは、いろいろなボディクリームレシピのメインの材料です。特に妊娠線にすごく効果があります。

他のアイデア

ココナッツオイルを使って、デオドラント剤、石鹸、ボディスクラブなども作れます。 どんなハンドメイド美容アイテムにも使えます。

2.ヨーグルト

ヨーグルトの中にいる菌が身体にとってもいいんです。しかし、ヨーグルトの効果は、単に消化や免疫力に関することだけではありません。 ヨーグルトには、大人が1日に取るべき量のカルシウムやヴィタミンDが含まれています。 特に、プロテインも入っているグリークヨーグルトはいいですね。 最近、スーパーでグリークヨーグルトを見かけるようになりました。自分で作らなくてもいいので、助かります。

使い方

家でフェイシャルケアをするとき、グリークヨーグルトにはちみつをひとさじいれてフェイスパックをするのが、お気に入りです。 保湿効果があります。

他のアイデア

ヨーグルトにレモンの汁をひとさじ加え、ヘアパックをします。 また、ヨーグルトと潰したいちごを混ぜて、「美味しい」フェイスパックもおすすめです。

3.ブラウンシュガー

ブラウンシュガーには、それほど栄養価はないかもしれませんが、ブラウンシュガーの美味しさと食感はとってもよいですよね。ブラウンシュガーなしでケーキを焼くなんて考えられません。 そして、なんとブラウンシュガーは最高のスクラブをつくるのに最適な材料なんです。

使い方

シンプルなフェイシャルスクラブをつくるには、ブラウンシュガーとココナッツオイルを混ぜてください。これ、ブラウンシュガーなしとありでは全然違います。 ボディスクラブは、ブラウンシュガー、コーヒー、オリーブオイルをミックスします。

他のアイデア

ボディスクラブをつくるには、ブラウンシュガーとアーモンドとも相性がいいです。 そして、エッセンシャルオイルを少しいれるのもおすすめです。ヴァニラエッセンスを入れると唇ケアにもいいですよ。

4.コーヒー

コーヒーを飲まないと1日が始まらないという人は少なくないですよね。 実は、コーヒーは、コレステロール値を改善して、心臓病のリスクを減らすこおうかもあるそうです。

ドリップコーヒーやカプセルコーヒーを飲んでいたら、おそらく、家にはたくさんの使用済みのコーヒーがあることでしょう。それは捨てないでくださいね。お庭があれば肥料として使えますし、美容アイテムとしても使えるんです。

使い方

コーヒーの粉とブラウンシュガーを混ぜて、セルライト退治に使えます。 コーヒーとブラウンシュガー半分ずつ混ぜてくださいね。

他の使い方

多くの人がコーヒーの粉を入れたハンドメイドソープを作っているのを見ました。 もしも、自宅で石鹸づくりをするなら、コーヒーをひとさじ入れてみてください。

5.ベーキングソーダ

ベーキングソーダは掃除に使うのにいいです。しかし、この素晴らしい粉は他にもいろいろなことに役立つんですよね。 ベーキングソーダはナチュラルな風邪クスリとしても使えるんです。 また、日焼けの手当や足のニオイのケア、虫歯予防にもいいのです。

使い方

ベーキングソーダは素晴らしいピーリング剤になります。私は週に一回フェイスケアに使います。ミルクとベーキングソーダを少量混ぜたものでフェイシャルケアするのです。 そして、ベーキングソーダで洗髪すると髪の色が抜けるのです。なので、ヘアカラーリングして、あまりに濃い色になりすぎたときに、ベーキングソーダで髪を洗うと適度に色が抜けて、すごく助かるんです。

他の使い方

ベーキングソーダを使っていろいろなバスボムを作ることができます。 また、フットケアにもおすすめです。

6.はちみつ

はちみつは大昔から自然な治療に使われていました。はちみつはとても強い抗酸化成分があり、防腐効果もあり、抗菌作用もあります。 そして、アレルギーの緩和には地元でとれるはちみつを使うことをおすすめします。

使い方

全ての季節で、私ははちみつをフェイシャルパックに入れるのが好きです。ヨーグルトとはちみつのパックで肌に輝きが出ます。

他のアイデア

はちみつはどんあハンドメイドコスメにも使えます。スクラブ、クリーム、ウォッシュ剤。

7.ターメリック(ウコン)


Turmeric-mask

使い方

肌の艶を出すかんたんなパックが作れます。

他のアイデア

ターメリックはにきびの安価なクスリとなります。ターメリックとレモン汁を混ぜたものを使います。 また、ターメリックと牛乳のミックスはシワを減らすのに効果的です。

8.パイナップル

パイナッブルはビタミン、ミネラルが豊富で血中コレステロールを下げ、高脂血症に効果的です。パイナッブルは歯茎と目を健康的に保ち、骨を強くします。

使い方

パイナッブルとパパイヤのフェイシャルパックほど良いものはないです。 顔用のAHAマスク製品の代用になる、ナチュラルピーリングです。 パイナッブルとパパイヤを半分づづの分量でつぶして混ぜ、はちみつを小さじ一杯加えます。

他のアイデア

夏のあいだ、パイナッブルをフェイスケアに使うのが好きです。 潰したパイナップルとココナッツミルクを混ぜて使います。何がいいかというと、余った分は飲むことができます