• Renata

よく寝られますか???

寝られなくて困ってませんか?睡眠の問題を抱えているのはあなた一人ではありません。私も時々眠れなくて困ることがあります。

ぐっすり眠れなくて、睡眠時間が足りないと感じるとき、すぐにどうにかしたいと思います。最悪なのは、目が覚めた時、眠る前よりも疲れてると感じるときです。

現代において私たちは、以前にもまして、睡眠の問題に苦しんでいます。特に、日本の生活スタイルは、私たちを疲れさせてしまいます。あまりにも忙しい生活、栄養不足の食生活、多すぎる脳への刺激が、私たちが必要とする体を休める深い眠りから遠ざけているのです。

睡眠不足は、気持ちの落ち込み、体重増加、循環器への問題、糖尿、老化、がん、炎症、気分のアップダウンなどにつながります。

「十分な睡眠なしに、健康にはなれない!」

先日、あるテレビ番組で言っていたことですが、日本人の成人の平均睡眠時間は、5時間だそうです!!これは異常ですよね!?もしも5時間が平均だとすると、もっと睡眠時間が少ない人もいるということです。そして、私が思うに、この傾向はさらに悪くなると思います。

私にとって、健康な生活をめざすために充分な睡眠をとることは、ずっと最重要課題でした。どうやったら、自分が最も健康な状態でいられるために必要な睡眠をとることができるのかいろいろ試してみました。

しかし、今、「よく寝られますか?」ときかれたら、私は、「はい、とてもよく寝られます!」と答えます。よく寝られなくて困る日もありますが、大体において、私の睡眠の質は以前よりもかなりよくなっていて、より深い睡眠をとることが来ています。 そして、私にとって、一番役に立っているのはエッセンシャルオイル(精油)です。私がいつもしているよく眠れる方法をみなさんにお伝えしたいと思います。

Is cortisol the problem? コルチゾールが問題?

コルチゾールは腎臓の上のほうにある左右対称の二つの臓器である副腎皮質から分泌されるストレスに反応するホルモンです。 このホルモンの役目は、私たちの身体がストレスと戦うための充分なエネルギーを得るのを助けることです。例えば、命の危険が迫っているような状況のとき。コチゾールがたくさん分泌されると筋肉からアミノ酸が放出され、肝臓からグルコースが分泌され、血管に脂肪酸が送られます。すると身体は甚大なエネルギーを得ることができるのです。コルチゾールは、一日中、適量が自然に分泌されているのですが、午前8時ころに分泌量のピークがあり、身体が起きて一日を始める助けをしています。そして。夜の8時から10時ころに分泌量が減り、睡眠に入りやすくしているのです。残念なことに、私たちの現代的生活スタイルは仕事のストレスをはじめストレスがあふれています。人間関係の心配、水分不足、栄養不足の食生活、過度なエクササイズ、(もしくは運動不足)、睡眠不足、これらは、体内のリズムを崩してしまします。私たちは、一日中朝から晩まで、高レベルのコルチゾールを分泌しながら活動しているのです。高レベルのコルチゾールは、睡眠障害、副腎の疲労、ホルモンのアンバランス、女性は気をつけましょう!) 性ホルモンの減少、かわりやすい気分、また上で述べたような悪い影響に結びついています。

Stimulants shift our body into “fight” mode.

Eat less sugar and less carbohydrates, don’t skip meal.

Same time go to bed , same time wake up.

#ライフハック #睡眠

0回の閲覧

©2023 by Gling Urban Bikes. Proudly created with Wix.com

0

MY CART